FC2ブログ

NN生活

   ~ネコとネットのある暮らし~

よくばりお江戸(2)~谷中~ 

 

続きです

東京駅まで歩いて、電車で日暮里へ~
貸はらっぱ音地(ondi)での、創作婦人会 4/24
創作婦人会@はらっぱ音地
もっと写真を沢山撮れば良かったなぁ・・・(+o+)

ふくダルマの生みの親?のししゅうねこさんはじめ、素敵な作品がいっぱい~
雨天中止の為、遠方から来るワタクシの事を気にかけていて下さって
着いた途端、「わ~!来た!!」と喜んでくださいました(笑)
そうそう、ここでは、あのちくわぶ猫(箸置き)の作者さんである
家鴨窯さんにも、初めてお会い出来ました♪

居心地良くて根を張りたくなっちゃったけど
ここからはタイムリミット(画廊の閉まる時間)もあるので、次~!

はらっぱからほど近い谷中画廊
谷中画廊1
作家たちの手仕事展「谷中ねこ博」第2回 4/23~5/8
谷中画廊 谷中ねこ博
お江戸に出ると、谷中へ行く頻度はそこそこあったはずなのに、
この画廊は未チェックで、今回初めて伺いました
谷中画廊2 谷中画廊3 谷中画廊4
↑撮影可、と言って戴いたのでちょっと大きめ写真です

トンボ玉で作った猫の顔や、ポップな絵柄が楽しい猫かるた、
えらいこと小さくてローガンにはちと辛いけどめっちゃカワイイミニチュア猫達など
楽しい作品がたくさん~!
画廊のオーナーさんも気さくな方で、これからの催し物も楽しみ


さて、谷中はあと1軒!
いつもの(笑)
猫町ギャラリー ギャラリー猫町
あべ夏個展「あなざーワールド~アビシのもうひとつの世界~」
あべ夏個展 あなざーワールド
小出信久個展「小さいねこと小さいおはなし」
小出信久個展 小さいねこと小さいおはなし
横倉絹枝・きり絵個展「リリック・ビートルズ」

横倉絹枝 きり絵個展 リリック・ビートルズ
それぞれに、見ごたえある作品展でした~w
きり絵作家の横倉さん、実はワタクシと同じ県民!で
県内での催し予定もあると伺いました。要チェック~
県内だと、実は電車が不便で車が無いと行けない場所もあるのが難点
我がNN地方でまたたびを採れる、というと「生のまたたび見たことない!」そうで
いや、同じ県内でも都市部にお住まいなんだなぁと(笑)


さて、少々欲張ってやや駆け足での猫めぐり
1日の〆はbar長谷川で bar長谷川@根津
ホテルに入る前、恒例となりつつある寄り道を・・・w

翌朝はめったに見ないTVで
ホテルの朝は久々の猫テレビ 猫鑑賞
もひとつ、
たなくじ たなくじ

帰途に着く前に、もう一度谷中に行きまして・・・
恥ずかしながら、こちらも今まで行ったことの無かった曹洞宗興福山永久寺
永久寺1
明治時代の新聞記者・戯作者・猫好きとして知られる仮名垣魯文の菩提寺
通りに面した山門を入ってすぐの本堂右に山猫めおと塚猫塔記念碑
山猫めを登塚
榎本武揚から譲られた山猫の供養塚だそうです
山猫めをと塚の隣に立つ猫塔記念碑は、
明治11年開催の「珍猫百覧会」の収益で建てたそうな。
丸穴から中をのぞくと眠り猫の像が見える・・・って調べといたのに見るの忘れた←アホ!
代わりにネットで拾った画像をどうぞ⇒

山門から覗いて右にも、猫塚というのがあります
猫塚
猫塚碑に線刻された猫の顔はよく見ると目、鼻、口を「魯」の字形・・・
猫の顔 ・・・なの、か?^^;
猫猫道人(みょうみょうどうじん)というのは、魯文のもうひとつの号
猫猫道人

一応・・・帰りの電車に乗る前に谷中銀座ものぞいてみたけれど
谷中銀座は始まるのが遅い
ここは全体にお店の開くのが遅め。「だんだん」にも猫おらず・・・
唯一、
雑貨屋さんの猫
早めに開いてた雑貨屋さんで、黒猫さん発見
生猫さんに会えたからよし
「まだ眠いにゃ~」って感じでしたw

という訳で、よくばりお江戸猫めぐり終了です~
長々お付き合いありがとうございましたw


スポンサーサイト



category: 外出

thread: 猫のいる生活 - janre: ペット

tb: 0   cm: 6

△top