NN生活

   ~ネコとネットのある暮らし~

***

 

△top

ひとつき。 

 

何だかもっと昔のことのような気もする

「きっと、一緒にいてくれるから」と優しい言葉を戴くけれど
身の回りに、部屋の空気に、
しまの気配は感じない
(やまねこの意見は違うかもしれない)

具合がよくないな、と感じるよりも前から
ワタクシの布団には入って来なくなっていたし
調子を崩してからは
気に入っていた猫ベッドも、椅子も、昼間の畳んだ布団の上の「特等席」も
使わなくなっていった
そうやって、「気配」を少しずつ消していったのかもしれないな、とも思う

だからなのか
今、どこを見ても「しまがいた記憶」はあっても
そこに気配はない

唯一、最後まで気に入っていたストーブの上
しまの体重でへこんだ箇所を撫でる時だけ、「名残り」を感じる気がする

夢は、はっきり覚えているだけでも
このひと月で「3回」はしまに会えた
先代のオリの時なんて、ひとつき経ってやっと出て来てくれたのだから
大盤振る舞いかもしれない


気が付けば、しまが居ないことが「デフォルト」になっている

ひとつき、経ったんだなぁ

スポンサーサイト

category: しまのこと

thread: 猫のいる生活 - janre: ペット

tb: --   cm: --

△top